2021年 冬の光熱費

ウェルネストホーム で建てたお家の冬の光熱費を振り返ります。

前提として我が家はオール電化です。太陽光はのせていません。

いつかは太陽光をのせたいと思っています。

c値 0.16  Ua値 0.23  35坪程の平屋です。

エアコンは基本1台稼働のみ。

寒波により特に冷え込む時だけは2台稼働しておりました。

冬の間は基本的にエアコン24時間稼働、エアコン掛け流しです。

快適さを求めて、エアコンを我慢することは一切していません。

2、3日家をあける程度であれば、その場合もエアコン付けっ放しで出かけておりました。

これは2、3日エアコンをつけない状態から、再度家を暖める方がより電力をくうのでないかと考えたためです。

なおエアコンの温度設定は大体22度で使用していました。

これにより大体室温は22度〜24度台で推移しておりました。

今年の冬は在宅勤務が多かったので、家の中で多くの時間を過ごし、冬の寒さを感じる機会が少なかったです。

快適であることが当たり前となりました。

さて2021年冬の寒さは例年通りか、光熱費は以下となりました。

’20/12月 9499円

1月 16064円

2月 14231円

高いのか安いのか?

夏と冬で比較しますと、冬の方が電気代は高めとなっております。

2020年の夏からの変化点として、洗濯乾燥機を導入したため、乾燥機使用分の電気代はアップしています。

過去賃貸アパート暮らしの際はガスと電気併用で、家の広さも今よりコンパクトなため単純に比較できないですが、家が広くなったにも関わらず、光熱費がトータルでダウンしたことは、とても良い結果であると感じています。

下記が賃貸アパート時の光熱費となります。

2019冬の光熱費

欲を言えば圧倒的に光熱費が下がればより良かったのですが、ほぼ我慢せずに使っているので仕方ないですかね。

ウェルネストホームでお家を建ててとても満足しております。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です